« 生きてる人間よりエロティック | トップページ | 崖 »

2005/05/30

バタフライ・エフェクト


ひさしぶりに映画館で映画を観ましたよ。ここのところ忙しくて、劇場に行く余裕がぜんぜんなかったからね。

ひさしぶりの劇場鑑賞は『バタフライ・エフェクト』。地球のどこかで蝶が羽ばたくと、その裏側で竜巻が起きる... というカオス理論のことだそうですが、なんだかよくわかりません。風が吹けば桶屋が儲かる... と同じ?(←違うだろ)

要するに、タイム・スリップ&パラレルワールドものですね。ひさしぶりに劇場鑑賞する映画としては、なかなかおもしろかったです。

「いまの生活」に影響している「失敗」を、過去に戻って修復することで「いまの生活」をよくしようとするのだけど、その「失敗」を修復したことで別の「失敗」が生まれ、別の「いまの生活」がより悪い形で現われてしまう。それを修復するために、再度過去に戻って... のくりかえし。ひとつの「修復」がどんな別の「失敗」を引き起こすのかという、可能性をたくさん考えるという点で楽しめました。

細かく考えると突っ込みどころはいっぱいありそうですねぇ。いちばん最初の「いまの生活」を形づくる過去において、主人公は少年時代に何度もの「短時間の記憶喪失」を経験してます。この「記憶喪失」がのちの場面の「未来から過去に戻っての修復」に関係しているのだけど、最初の「いまの生活」の時点ですべての「短時間の記憶喪失」を経験しているわけだから、ここは1本の時間軸につながったワールド。ひとつひとつの「短時間の記憶喪失」時の操作が行なわれることで、そこからは別のワールドへと移ってしまう。

こういったテーマまは、たんなる「タイム・スリップ」ではなく、異なった時間・異なった時空に同時並行的にさまざまなワールドが存在している=パラレルワールドという概念で見ないと、わけわからなくなっちゃいます。そのへんが『タイム・ライン』は甘かったよな。それよりは、いい出来だと思う。

ただなぁ、最後の「修復」に向かうための「きっかけ」が、あれじゃいかんでしょ。それまでの「きっかけ」は、幼少時の「記憶喪失」という同じキーワードでつながっているのに、最後のだけはそれがないですからね(なかったよね?)。最後にきての詰めの甘さは残念です。

ちなみに自分は、主人公のエヴァン(だったっけ?)は、いちばん最後に手に入れたことになってる「いまの生活」の時間軸上に最初からいたのではないかと思っています。途中で映し出されたさまざまな「失敗」や別の「いまの生活」なんて、最初からなかった。ケイリーなんて、最初から彼のそばにはいなかった。最後の「修復」で行なった、ケイリーへの仕打ちだけが真実で、そのときの記憶とある種の罪悪感、および、おそらくあの年代の男の子であれば、のちの「いまの生活」とは関係なく、その時点での彼の気持ちとして、あの仕打ちが「好意」から出た可能性が多いわけですから、そのときの想いなどが複雑に交錯して、思春期に一時的に精神が不安定になり、その結果見た夢・幻・幻覚の類なんじゃないかなぁと。

ま、解釈は人それぞれですけどね。そういう解釈の楽しみがあるというだけでも、おもしろい映画だったな。

|

« 生きてる人間よりエロティック | トップページ | 崖 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バタフライ・エフェクト:

» バタフライ・エフェクト [棚]
MOVIXにて ---------- どこかの格言かなにかに 「チョウチョが舞ったのが影響で、全然関係のないところで災いが起こる。」 みたいなものがあるらしい。 内容は、過去に何度も戻る能力を持った少年が 愛する彼女が幸せになるように願って過去に戻るといったもの。 サスペンス。R-15がついてた。 記憶を使った話ということで、 「メメント」バリのものを期待して見に行ってきた。 音楽は、若い子向きという... [続きを読む]

受信: 2005/05/30 12:19

» ★「バタフライ・エフェクト」 [ひらりん的映画ブログ]
今週公開の「ミリオンダラー・ベイビー」か「オペレッタ狸御殿」を観ようと思ったけど・・・ 時間があわず・・・これを観る事に。 予告見てて、「いずれ観よう」と思ってたので・・・ 2004年度製作のサスペンス・ドラマ、114分もの。 あらすじ 父親から遺伝?で、子供の頃から一瞬記憶を失う状態にたびたび襲われるエヴァン。 医者の勧めで日記をつけることに・・・。 7歳の時・・・幼なじみの父親が映画を撮ろうとし�... [続きを読む]

受信: 2005/05/31 12:33

» 映画「バタフライ・エフェクト」t [CHONのアポヤンド的日々]
6月9日に見た映画の最後は「バタフライ・エフェクト」 昔からタイムトラベルなど [続きを読む]

受信: 2005/06/13 18:51

» バタフライエフェクト [ものづくる]
小さな蝶のはばたきが、地球の裏側では台風をおこすこともある。 『バタフライエフェクト』 監督:エリック・ブレス&J・マッキー・グラバー 出演:アシュトン・カッチャー/エイミー・スマート/エリック・ストルツ/ウィリアム・リー・スコット 公式サイト:http://www.butterflyeffect.jp/ ストーリー: エヴァンは幼少時代から時々記憶を失うことがあった。それはいつもその後の人生に大きな影響を与えるような出来事のときばかりだった。 少年時代のある日、初恋の相手... [続きを読む]

受信: 2005/11/20 00:42

« 生きてる人間よりエロティック | トップページ | 崖 »