« ほうれん草とひき肉で | トップページ | ひさしぶりに王道を聴いた »

2005/05/20

GATTO PANCERI / GATTO PANCERI

短くてこじんまりとしていたながらも魅力的な初来日ステージを見せてくれたことが記憶に新しいGatto Panceri(ガット・パンチェーリ)。これは、もともとは『Cavoli amari』というタイトルでリリースされたファースト・アルバムに、1992年のサンレモ音楽祭参加曲「L'amore va oltre」を追加して再リリースされたアルバムです。

来日ステージではほどよくポップ、ほどよくロックで、イタリアらしい、だけど過剰にイタリア臭くはない美しいメロディの曲をたくさん聴かせてくれましたが、デビュー当時のGattoはもっとロック色が強かったんだなということが、このアルバムを聴くとわかります。また演奏だけでなく、曲のスタイル自体も、よりシンプルなロック・テイストを持っていたのだということも。

正直にいってしまうと、このアルバムに収録されている曲でロック色の強いものには、あまり魅力的なものがありません。メロディも演奏も、けっこうありきたり。ただGattoの少しひび割れたヴォーカルは独特の味わいがあります。この時点ではソング・ライターとしてよりもヴォーカリストとしての彼のほうに才能や将来性を感じます。

しかし、ソング・ライティングにも眠れる才能がたくさんあったのでしょうね。その片鱗が「L'amore va oltre」を含め数曲の、あまりロック色の強くないポップ・ミュージックに現われています。こういった曲には、のちの彼の作品に聞かれる、イタリアらしい、だけど過剰なイタリア臭さはない、美しく素直なメロディがいくつもあるのです。そして、のちのアルバムになるほど、こういったタイプの曲が増えているようです。

曲の出来としても、Gattoのヴォーカルとのマッチングとしても、ロック系の曲よりもポップ系の曲のほうがクオリティが高いと感じます。ただ、このデビュー・アルバム(の再発版)ではまだロック系の曲が主導権を握っていて、ポップ系の曲はアクセントのように含まれているだけです。Gattoの魅力が出し切れてはいない、だけど将来への期待は感じさせるという、ある意味でデビュー作らしいアルバムかもしれません。

|

« ほうれん草とひき肉で | トップページ | ひさしぶりに王道を聴いた »

ジャンル:ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

私もこれを聴いて、Gattoってもともとファンキーな曲が好きだったのね、って、まず思いました。(遠吠えしてるし(爆)。)私もけっこうファンキーなの、好きなんですよ。

でもね、他のアルバムを聴いてみたら、全然イメージの違うのがあったりするアーティストもいてたりすると思うのですが、GattoはやっぱりGatto。このアルバムで、すでに、ソングライターとして、シンガーとしての彼の基礎の部分がちゃんと出来上がっていると感じました。

ロック色の強いのもいいですよ。"vibrazioni"。最新の"7 VITE"は素敵なメロディーが多いですが、刺激を求めたい時は一つ前のこちらに行っちゃいます。

投稿: StellinaMotoko | 2005/05/21 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/4203902

この記事へのトラックバック一覧です: GATTO PANCERI / GATTO PANCERI:

« ほうれん草とひき肉で | トップページ | ひさしぶりに王道を聴いた »