« ミハエル復活 | トップページ | PIERANGELO BERTOLI / MASTERPIECE »

2005/04/26

そんなにマーマレードがつくりたいのか

うちは、家でご飯を炊くことがほとんどないんですよ。ほとんどがパンかパスタ。最後に家でお米を食べたのは、いつのことだったか... 今年に入ってから米を炊いたことがあっただろうか?

さて、おかんです。実家の母のことです。なぜかわかりませんが、妻のお母さんはここ数年、毎年のように手づくりのマーマレードを送ってきます。自家製なので、売っているものほど甘くなく、ほどよい固形感と苦味があって、美味しいのです。マーマレードとして。

でもうちは、マーマレードは食べないのです。というか、甘いものはほとんど食べないのです。というか、間食をしないのです。というか、食事以外にお菓子やなにかを食べてる時間も余裕もないのです。

だけど、マーマレードって甘いですよね。パンにつけて食べるっていったって、甘いですよね。

甘いパン=お菓子じゃん。

うちは毎日のようにパンばっかり食べてますけど、いわゆる食パンはもう何年も買ったことがないんです。小麦粉のよい味とよい香りが楽しめるバゲットや、ライ麦や全粒粉などをふんだんに使った茶色くて香ばしいパン、でっかい塊のまま切られずに売っているパン・ド・カンパーニュやキャラウェイ・シード入りのもの、塩の入っていないパン・ド・トスカーナやチャバッタなどといったパンをかじりながら、その風味を楽しみながら、ワインをいただく、パンにつけるのは料理のソースやイタリア産のEVオリーブオイルだけ、という生活なのです。

マーマレードの登場する舞台やタイミングがない。

イタリアでは朝、甘いパンを食べます。しかしうちは、仕事のある日は妻も自分も、朝ごはんを食べないのです(妻はときどき食べているようだけど)。

やっぱり食べるタイミングがない。

しかたがないので、料理に使ったりします。チキンやポークなどは、塩胡椒したうえで両面をササッとあぶって、上からマーマレードを適量載せてオーブンで焼いたりすると、意外と美味しい。ちなみに昨日のディナーはチキンのオーブン焼きマーマレード風味でしたが、アルゼンチン産の果実味たっぷりなワイン(葡萄はマルベック)とあわせたら、とてもいい相性でした。

そのような努力の末、スーパーで売っているビン入りのジャムと同じくらいのサイズの手づくりマーマレードを約1年ほどかけて、なんとかがんばって消費しているのです。そして、妻の実家から送られてきたマーマレードがやっと冷蔵庫からなくなったと思ったら...

妹の誕生日に実家の両親に会った際、母から手づくりマーマレードを1ビン持たされてしまった。

世のおかんという人たちは、そんなに手づくりマーマレードが好きか。そんなにつくりたいのか。

あぁ、肉を焼くときに使う以外、もうマーマレード料理のアイデアが浮かばんぞ。ジャガイモでも茹でるときに混ぜ込んでみるか??

|

« ミハエル復活 | トップページ | PIERANGELO BERTOLI / MASTERPIECE »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/3862974

この記事へのトラックバック一覧です: そんなにマーマレードがつくりたいのか:

« ミハエル復活 | トップページ | PIERANGELO BERTOLI / MASTERPIECE »