« PROCOL HARUM / THE LONG GOODBYE | トップページ | NADA »

2005/04/21

フレンチ・ダイニング

知らない間にまた1軒、フレンチのお店が神楽坂にできてました。その名も「フレンチ・ダイニング」。なんてストレートな。会社からそんなに遠くないし、交差点のところにおいてあった黒板によるとランチは1050円からあるようなので、さっそく食べにいってきました。

広い店内。通りに面した大きなガラスから明るい光がたっぷり入ります。うん、けっこういい感じかな。太陽の明かりがたくさん差し込むのはいいね。でも夏は暑いんじゃないだろうか。

ホールにはフランス人ギャルソンがふたり。キッチンもフランス人がいるのかな? 日本人の女性スタッフがカウンター内にいるのは見えるのだけど。この女性はホールのフォローもしてるようです。

お昼のコースは3種類。サラダとメイン(ガルニつきワンプレート・ランチ)が1050円(ドリンクは+200円)、オードブルとメインのコースは1650円(ドリンクつき)。1650円のコースに+400円(600円だったか?)払うとデザートもつくみたい。やはり最初はコースのほうを頼んでみましょうね。

オードブルは4種類、メインは3種類のなかからのチョイス。どれも美味しそうな感じで迷ったのだけど、シーフードのキッシュとチキンのソテー・ラングドッグ風を選びました。そしてもちろん、白ワインをグラスで。

うん、悪くないんじゃないの。シーフードミックスみたいのが入ったキッシュもワインとあわせて生臭くならない。ソテーにはグリルされたでっかいナスとトマトがごん!と載った上からブラウンのソースがかかってる。どちらもとてもおおらかで陽気な感じがする。大きなナスはうれしいな、ちょっと。いかにもカジュアル・ダイニングという感じで、気軽に寄るにはいいんじゃないだろうか。

ワインも含めて、どれも普通に美味しいし、フランス人ギャルソンも日本語はちょっと怪しいながらも普通にフレンドリー。お値段も普通。とっても普通にいい店だと思います。ただ、あまりに普通すぎて、なんとしてもまた来たい!と思わせるものはないかなぁ。ディナーはどうなのかわからないけど、少なくともランチに関しては、やっぱりビストロ・イデアルの、ていねいに手間をかけてつくられた料理と、フレンドリーなのだけど店とお客との距離感をきちんと保つ落ち着いたホール・サービスに自分はひかれてしまう。値段もほとんど変わらないし、ワインはイデアルのほうが美味しいし、どっちに食べに行きたいときかれたら、やっぱりイデアルを選んでしまうな。

あと、自分にとって致命的なのが、フレンチ・ダイニングではカードでの支払いが5000円以上からとなっていること。ランチでコース+デザート+グラスワインを飲んでも3000円程度にしかならないこのお店では、昼は現金で払うしかない。でも自分、現金をあまり持ってないのよ。1000円を超える支払いは、飲食店でもスーパーでも基本はカードなの。なので、ランチで現金を2000円も払っちゃうと、財布がちょっとしんどい。

そんなわけで、ときどき思い出したように食べに行くかもしれないけれど、頻繁に使うことはまずないだろうな、フレンチ・ダイニング。

|

« PROCOL HARUM / THE LONG GOODBYE | トップページ | NADA »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/3792232

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチ・ダイニング:

» フレンチ・ダイニング ブラッセリー・フランセーズ [我が食に一片の曇りなし。。。。]
今年に入って出来た、神楽坂にしては広めの箱。 スタッフは全てフランス人?のようです。 たどたどしい日本語がなんとも良い感じ^^ お客さんも外国人の方が半分近くいらっしゃって、 外国人(特にフランス人)の多い神楽坂の街を体現したお店です。 ランチとディナー両方うかがいましたが、 どちらもそれなりに凝っていて、カジュアルにさっぱり目のフレンチを 食べれます。 通常のフレンチというと浮かぶ、濃厚なソースやバター等はあまり使われてないです。 ディナーで、真中のコース。 オードブル... [続きを読む]

受信: 2005/09/21 10:34

« PROCOL HARUM / THE LONG GOODBYE | トップページ | NADA »