« NADA | トップページ | そんなにマーマレードがつくりたいのか »

2005/04/25

ミハエル復活

いやぁ~、昨日のF1サンマリノGPはすごかったですね、最後の10周。ミハエル・シューマッハってここのところ、序盤で先行・そのまま逃げ切りって感じで、あんまり無理をしないドライヴィングで優勝っていうことが多いように思うのだけど、それよりも昨日のように、下位から猛烈に追い上げてくるドライヴィングのときのほうが「凄み」を感じていいな。それもピット戦略ででなくコース上でぐんぐん迫ってくるミハエルからは、ある種の殺気のようなものを感じますね、テレビで見ていても。

そんなおっそろしいミハエルに追い回されながらも最後まで守りきったフェルナンド・アロンソもすごい。明らかにミハエルのクルマのほうが速かったし、フェルナンドのクルマはタイヤがつらそうだったもんな。ラインどりも少しワイドめになってたし。でも、ぜんぜん引かない、遠慮しない、気後れしないところがいいです。フェラーリだろうがミハエルだろうが知ったこっちゃないっていう姿勢が如実にうかがえるドライヴァーはいいね。フェルナンドとかファン・パブロとか佐藤琢磨?とか。

そんなわけでルノーの開幕4連勝できているのですが、スポットの中央にいるフェルナンドに対し、開幕戦ウィナーのジャンカルロ・フィジケラの影が最近薄くなってきているのが心配。2戦目以降、ずっとトラブル続きで完走してないですよね。彼、もう31歳でしたっけ。せっかくトップ・チームに戻ってきたのに成績を残せないと、来年以降やばいよな。好きなドライヴァーのひとりなので、もう少し活躍してほしい。

その一方で、今回はジャック・ヴィルヌーブがやっとポイントをとりましたね。これは喜ばしい。ずっとチームメイトに負けてたからなぁ、ここのところ。ジャック、けっこう好きなんだよなぁ。カート時代はあまり速くないクルマをクレバーに走らせてチャンピオンに、F1にきてからは激しく力強いドライヴィングでチャンピオンになった彼。BARへの移籍がなければ、別のトップチームに移籍していれば、もっとチャンピオンになれたんじゃないかと思うのだけど。往年の激しさを取り戻してほしい。

TOYOTAとレッドブルは少し息切れ気味? でもTOYOTAはダブル入賞だし、良しとしましょう。BARもやっと力を出してきた。こっちもダブル入賞でいい感じ。心配なのはウィリアムスだな。もうひとつさえない。マクラーレンは、クルマさえこわれなければ速そうなので、こっから先は伸びてくる感じ。

さぁ、これから先はどうなるんでしょうか。もうルノーの独走は難しくなってきそうですね、フェラーリが伸びてきたから。次回も昨日のような、コース上での迫力ある、力のこもったレース&バトルが見たいです。

|

« NADA | トップページ | そんなにマーマレードがつくりたいのか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミハエル復活:

» F1 サンマリノGP [ブログでアクセスを10倍ふやす方法]
本日もテーマは、「F1 サンマリノGP」。 昨夜、F1、見ましたか!?1周4.933kmのコースを62周回で争うサンマリノGP。日曜日の朝に行われた予選2回目。2004年、このサーキットで優勝したシューマッハが、痛恨のミスでコースオフ。大幅にタイムを落とした、シューマッハ。13番グリッドからのスタート。しかし、そこはシューマッハ。27周目、ファーステストラップを記録。直後、ピットストッ�... [続きを読む]

受信: 2005/04/25 11:02

» シューちゃん引退? [おフランスざんす]
ご声援ありがとうございます。 人気ブログランキング、みなさんのおかげで只今44位です。ありがとうございます。 来たからには絶対クリックしてってね。 人気ブログランキング参加中[続きを読む]

受信: 2005/07/17 22:24

« NADA | トップページ | そんなにマーマレードがつくりたいのか »