« うれしい たのしい だいすき | トップページ | PROCOL HARUM / THE LONG GOODBYE »

2005/04/19

ジャガイモのガレットもどき

ジャガイモは、いつだって家に常備ですっ! 困ったときにはジャガイモを食えっ!

といった生活を何年も続けてます。ミナサン コニチハ ワタスィ ハラヘルート・イモスキー デス。ベラルーシ カラ キマシタ。

そんなわけで昨日はジャガイモのガレット風手抜きヴァージョンをつくりました。

ジャガイモを超薄切りにする。昨日はうちに小さめの新じゃがしかなかったので、5個くらい。

取っ手が取れるティファ~ルのフライパンにハーブ入りのガーリックバターとオリーブオイル(もちろんイタリア製EV)を少したっぷり目に入れて、火にかけて溶かす。

オイルとバターが交じり合ったら、薄切りジャガイモを半分くらい、フライパンにぺたぺたと敷き詰める。

敷き詰めたジャガイモの上に、すぐに火が入るもしくは火が入らなくても食べられるような、なにか美味しそうなものを平たく、うすーく載せる。昨日はもらい物のSPAMスプレッドがあったのでこれにしましたが、パルミジャーノをたっぷりでもいいし、舞茸とか入れてもよさそうだし、トマトの薄切りなんかも楽しそう。具になる「なにか美味しいもの」の味とのバランスで塩コショウをかけたりかけなかったり。

「なにか美味しそうなもの」の上に、残りの薄切りジャガイモをどんどん敷き詰めて覆い隠す。

ふたをして、中火でしばらく焼く。端が少しキツネ色になってきたら200度くらいのオーブンに入れて15分ほど。

表面がぱりっとして、全体に火が通ったらできあがり。

昨日はCorte ZardiniのValpolicella Classico Superiore "Siresol" と一緒に食べましたが、トロッケンかハルプトロッケンに仕上げたドイツのリースリングとかでも美味しそう。ふふふ、ジャガイモって美味しい。

|

« うれしい たのしい だいすき | トップページ | PROCOL HARUM / THE LONG GOODBYE »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/3763243

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガイモのガレットもどき:

« うれしい たのしい だいすき | トップページ | PROCOL HARUM / THE LONG GOODBYE »