« YAMASHTA/WINWOOD/SHRIEVE - GO | トップページ | 普通の人々 »

2005/04/04

MASSIMO VOLME / DA QUI

自分はいたりあのポップ・ミュージックのファンですが、イタリアだったらなんでもOK、ポップ・ミュージックならどれでも聴く、というわけではありません。ひと口に「イタリアのポップ・ミュージック」といってもいろいろなジャンル/タイプの音楽があるし、それぞれのジャンル/タイプの音楽のなかにも好きなもの・嫌いなものがあります。Massimo volume(マッシモ・ヴォルメ)は、自分にとってはあまり得意じゃないジャンル/タイプの音楽で、そのなかでもあまり好きじゃないものに含まれます。

こういったタイプのロックをそれなりに楽しんで聴いていたのは高校生のころだから、もう20年以上前ですね。だらだらと続くミディアム・スローな曲、地を這い揺るがすような重いベース、隙間を埋めつくすベタッとしたディストーション・ギター。最近は、もうこれだけで疲れちゃう。しかもヴォーカルはメロディのない、詩の朗読のようなもの。

それでもところどころにクリーン・トーンのギターによるアルペジオを中心としたパートがあって、そのパートではおだやかだけど薄暗いヨーロッパの美しさを感じられはします。ただ、その美しさはポップス・ミュージックとしての美しさではなく、パンク/ニューウェーヴ系ロックの美しさで、なんというか、メリハリがあまりないというか、「歌」としてのドラマティックさとかに欠けるわけで。

基本的に「よい歌メロとヴォーカル」を好むいまの自分には、聴くのがちょっとつらいタイプのグループです。きっとコクトー・ツインズなんかもいま聴いたら途中で飽きちゃうんだろうなぁ、自分。

|

« YAMASHTA/WINWOOD/SHRIEVE - GO | トップページ | 普通の人々 »

ジャンル:ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/3556565

この記事へのトラックバック一覧です: MASSIMO VOLME / DA QUI:

« YAMASHTA/WINWOOD/SHRIEVE - GO | トップページ | 普通の人々 »