« ROBERT JOHN GODFREY / FALL OF HYPERION | トップページ | タイミングがいいよな悪いよな »

2005/03/28

ロング・エンゲージメント


昨日の夜はなんだかよく眠れなくて、ていうかほとんど寝た気がしなくて、いまめちぇめちゃ眠いです。これで仕事ができるのだろうか。

さて、あまりにお客の入りが悪くて上映打ち切り間近という噂?のオドレイ・トゥトゥ主演最新作『ロング・エンゲージメント』を観てきました。新宿では2館で上映されていたのですが、そのうちの1館は本当に2週間で上映終了。金曜午後6時半からの回でしたが、客席には自分を含めて20人ほど。平日のお客の入り的にはこんなもんだと思うんですけどねぇ。土日の集客がぜんぜんダメなのかな。

主演がオドレイ・トゥトゥでタイトルが『ロング・エンゲージメント』ですから、ラヴ・ストーリーかなと思いきや、実は謎解きミステリーなんですね、基本は。そしてその謎は戦場にあるという、一種の戦争映画でもある。ラヴ・ストーリーの要素もあるにはあるのだけど、主演のオドレイと相手役の兄ちゃんが映画のなかでおたがいに心を通わすシーンって、ほとんど出てこない。かといってミステリーとしてはあまりにご都合主義だし、戦争映画としては厚みが足りない。この辺のジャンル的なあいまいさ・中途半端さが不入りの理由でしょうか。

ただね、映像はすごく綺麗なんですよ。ヨーロッパの単館系の映画でときどき見られる、少し黄色がかったようなフィルムの色彩。まるで西洋絵画を見ているようなこの色調が、画面に深みと奥行き、それに「生きている感じ」を与えるんですね。この色調で映される田舎の風景の美しいこと。

その一方で、戦場のシーンはかなり強烈です。どんどん人が死んでいきます。びしばしと肉が飛びます。爆弾で細切れに吹っ飛ばされた仲間の兵士の肉が飛び散って近くにいた兵士(オドレイの恋人役)の体中に貼りつくシーンはきつかったです。そりゃ頭もおかしくなるって。

ところでオドレイって、いったい何歳なんでしょうか。『アメリ』のときは「実はそんなに若くないんじゃないか」と思ったのですが、この映画でも20歳という約になんか無理を感じてしまった。ふけ顔ですよね。

それと、オドレイにはこういった不思議ちゃんな役しかもう来ないんでしょうか。『アメリ』『愛してる、愛してない』『ロング・エンゲージメント』と、これまでのおそらくオドレイ主演の映画はこの3本だと思うのですが、どれも不思議ちゃんな役ですよね。そろそろ違う役で印象付けないと、ずっと不思議ちゃん女優になってしまいそう。

しかし、『アメリ』『愛してる、愛してない』『ロング・エンゲージメント』という流れは、ちょっとおもしろいな。主演のオドレイが演じる役はどれも「現実を直視しない(できない)ちょっと変わった女の子」なのだけど、『アメリ』では「夢の世界にいる自分」から成長して現実へと適応していく女の子、『愛してる、愛してない』ではどんどんと「夢の世界」に逃げ込んで最後まで現実を直視しない女の子、そして『ロング・エンゲージメント』では最初から最後まで彼女自身は「現実」を見ようとしなかったのだけど、現実のほうから歩み寄ってくる女の子、という役だった。不思議ちゃんにもいろいろなタイプがあり、その成長?のしかたにもいろいろなパターンがあるのだなぁなどということを思ってしまいましたわ。

で、『ロング・エンゲージメント』。あのエンディングは切ないような、暖かいような、未来への希望があるような、ないような、ちょっと余韻のある終わり方でしたね。やっと見つけた彼は過去の記憶を失っていて、その彼から最初にかけられる言葉が、子供のころに最初にかけられた言葉と同じ。ここからむかしと同じように心が通じ合っていくのか、それとも、過ぎ去った時間は同じ月日を取り戻せないのか。でも、暖かな陽のあたる庭にいる「いま」のふたりは、きっと穏やかな気持ちでいるのでしょう。

うん。悪くはない映画だったな。

|

« ROBERT JOHN GODFREY / FALL OF HYPERION | トップページ | タイミングがいいよな悪いよな »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロング・エンゲージメント:

» ★「ロング・エンゲージメント」 [ひらりん的映画ブログ]
アイアン・アイ(鉄の目)のひらりんも、 一日2本映画を見ただけで眼医者通いになってしまいました。 まっ、そんな事はどうでもいいんだけど。 この作品はその2本目。... [続きを読む]

受信: 2005/03/28 23:53

» ロング・エンゲージメント  -by Jean Pierre Junet- [marikzioのn'importe quoi!]
日本でも大ヒットしたフランス映画「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネとオドレイ・トトゥが再びコンビを組んで制作した話題作「ロング・エンゲージメント」をようやく観... [続きを読む]

受信: 2005/04/04 14:50

« ROBERT JOHN GODFREY / FALL OF HYPERION | トップページ | タイミングがいいよな悪いよな »