« 確率としてもしくは傾向として | トップページ | 救命病棟24時最終回 »

2005/03/22

クイール


テレビで映画『クイール』を放送してたので、つい観てしまったのだけど... 評判どおり、映画としては見どころのないものだったなぁ。地上波放送用にシーンのカットが雑に行なわれていたのかもしれないけど、本質は変わってないだろうと思われる。ただ「事柄」の羅列があるだけ。この日にこういうことがありましたといったことが並べられてるにすぎない。登場人物(犬も含めて)の誰にも感情移入できないし、誰のドラマも描かれてない。いったい、この映画のテーマはなに? 焦点はどこ? なにを伝えたいの? なんか「犬、かわいぃ~♪」ってこと以外に何も残らなかったなぁ。
あと、クイールの夢に出てくる「ピーちゃん」(でしたっけ? お気に入りのぬいぐるみ)、めっちゃ怖いですから。あそこの部分はホラーですか? あんな夢見たら、ぜったい悲鳴を上げますわ、自分。まちがいなく悪夢じゃん。
しかし、役者さんはなかなか味のあるいい役者さんを使ってるのに、ほんともったいない。どうしてこんな映画になっちゃったのかなぁと、激しく残念な映画でした。

|

« 確率としてもしくは傾向として | トップページ | 救命病棟24時最終回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クイール:

« 確率としてもしくは傾向として | トップページ | 救命病棟24時最終回 »