« 666 | トップページ | シドニーの年末年始 1 »

2005/01/28

チキンのオーブン焼きトマトとバジリコ風味

昨日はピーコックで鶏肉が100グラム98円とお買い得品だったので、オーブン焼きにしてみました。

大きめのぶつ切りにした鳥もも肉に軽く塩コショウ。
オリーブオイルを敷いたフライパンで皮をぱりっと焼く。
いい色になったら裏返して、反対側もほどよく焦げ目をつける。
トマトを1センチ厚くらいの輪切りにして、オリーブオイルを塗った耐熱皿へ。
輪切りのトマトの上にジェノヴェーゼ・ペーストを少したっぷりめに塗る。
さらにそのトマトの上に焼き目をつけた鶏肉を、皮を上にして載せる。
白ワインをほどよく振り掛ける。
200度くらいのオーブンでじんわり焼く。
あら美味しい!

トマトと白ワインが混じったところに肉の旨みも加わった汁を振りかけながらいただくとグッドです。
トマトとバジリコ、トマトと鶏肉、鶏肉とバジリコ、どれも相性がいいもの同士の組み合わせですから、美味しくないはずはありませんね。
付け合せはマッシュポテトにしてみました。

茹でてつぶしたポテトにオリーブオイルと牛乳を加えて練る。
塩コショウで味付けし、風味付けにパルミジャーノ・レッジャーノを削って混ぜ合わせる。

うちにはバターがないので、いつもオリーブオイル風味になってしまいますが、これがなかなか美味しいのですよ。オリーブの青くさわやかな風味が自分は大好きです。

そして、このマッシュポテトに鶏肉オーブン焼きの汁をかけて食べると最高。あぁ、ヨーロッパに生まれてよかった(違う違う)って思う。

ワインは料理との相性とかとまったく関係なく、たんに「飲みたかったから」という理由でDella RoccaのAmarone della Valpolicella Classico 1996。Amaroneにしてはさっぱりさわやか系な感じでしたが、それでもやっぱりAmarone。アルコールは14.5%あるし、旨みも凝縮。いわゆる普通の赤ワインとは違った味わいです。あまりに味が強くて料理に合わせにくいことが多いAmaroneですが、このAmaroneは比較的さっぱり系なので、それほど料理を殺すことなく、美味しくいただけましたわ。

|

« 666 | トップページ | シドニーの年末年始 1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

オーブン料理ってお手軽なイメージがありますが、私はオーブン使えません。もちろん家にはオーブンレンジがあるのですが、オーブンを使うと、何か本体ごと180度とか200度とかになりそうなイメージで、至近距離にある棚や壁が燃えるのではないかと思ってしまって…。
小さい頃は家にオーブンが無かったので、オーブンを使って焼くケーキを作るのが夢でした。だから『小学4年生』に載ってたケーキのレシピを全部保存してあるのですが、作ったことは未だにないのです。(-_-;)

投稿: あんき〜お | 2005/01/30 23:57

本体ごと200度とかなったら危ないですって(汗)。でも、うちもオーブンレンジですが、外側もかなり暑くなります。オーブン使用中は、オーブンの上に物が置けません。
だけど、オーブン料理って簡単なのよ。準備したものを投げ込んだら、あとはほっておけばいいから、その間にシャワーとか浴びれる。あと、肉とか野菜とかがふっくらしあがるし、野菜なんかは煮るよりも甘みが残るし。ぜひお試しあれ。

投稿: もあ | 2005/02/02 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/2720691

この記事へのトラックバック一覧です: チキンのオーブン焼きトマトとバジリコ風味:

« 666 | トップページ | シドニーの年末年始 1 »