« 2004年10月3日 - 2004年10月9日 | トップページ | 2004年10月24日 - 2004年10月30日 »

2004年10月10日 - 2004年10月16日

2004/10/15

しばらく留守にします

1週間ばかり留守にします。やっと夏休みなのよー。もう秋よー。けっきょく今年もスイカを食べなかったわよー。でも秋はおいしい季節だから好き。夏は暑くてキライ。でもやっぱり夏休みは夏のうちにとりたかったかも。だけど夏のあいだは今年は夏休みはとれないなとほとんどあきらめていたので、取れることになってやっぱうれしいのだわ。

そんなわけで、留守のあいだはネット環境一切なしで楽しんでくるので、ここの書き込みもお休み。じゃね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/14

チクワ1本はおかしいよ(笑)

『外国映画の歩き方』の著者の三笠加奈子さんの日記は、なんだかけっこうはちゃめちゃでおもしろいです。本人もおもしろいけど、周りの人もおもしろいのね、きっと。

ちょっとぽっちゃり気味な娘(三笠さん)に対してお母さんが、親戚のスレンダーな娘さんを引き合いに出してこういうの。

「〇〇ちゃんは、ブランド物の洋服を買うためにチクワ1本で食事を済ませるのよ! あんたはどうして食べることを我慢できないの?どうしてダイエットしないの?」

チクワてーっ!

ダイエットをすすめるにしても、チクワ1本といわれてもねぇ。ていうか、チクワ1本で食事をすませる人のほうが怖いんですけど(汗)。そんなにまでしてブランド物がほしいか? その洋服の代金でおいしいもの食べようよ~、おいしいワイン飲もうよ~、て、立場的には三笠さんを擁護してしまうなぁ、自分。

ただ、さすがに

どんなに辛いことがあっても、
食べる喜びがある限り、私は生き続ける。

とはいいきれませんけど(笑)。
おもしろい姉ちゃんだ。

あ、関係ないけど、明日から「トマトマックグラン」新発売だそうです。マクドナルドの高級バーガー「マックグラン」シリーズの新製品。トマトが入ることで、硬くて弾力のないバンズがしっとりとおいしくなるのか、ぱさぱさでぼそぼそのパテにトマト汁がしみこみジューシーになるのか。期待です。期待できないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/13

すごいような、すごくないような

今日はなんだか足が筋肉痛。筋肉痛になるようなこと、昨日したっけ? ちがう! 一昨日、世田谷の砧公園から千歳船橋の駅まで歩いたからだ。くぅ。こんな程度で筋肉痛、しかも1日遅れというのが情けない。

砧公演には、モンスタードキドキ大パニックという展覧会を見にいったのだわ。知り合いのイラストレーター津川聡子さんが展示してるんで。見にいったら、やっぱり知り合いのイラスト・ライター三笠加奈子さんに最近紹介してもらったイラストレーターにしかわたくさんも出品してて、ちょっとびっくり。にしかわさんのサイトのリンクを調べたら、水野真帆さんともお友達だったりして、イラストレーターさんの世界はつながってるのねぇ。

ちなみに展覧会はおもしろかったですよ。ハロウィンをテーマにしたイラストレーターさん13人による合同展覧会で、ほのぼの系からホラー系?までいろいろなタイプのイラストがあって。無料だし(笑)。たまにはいいね、こういうのも。

砧公園の最寄り駅は東急田園都市線の用賀なんですが、用賀の駅に降りるのなんてはじめて。はじめて行く場所は、なんだかちょっと楽しいです。せっかくなので、お昼ご飯も用賀で食べようと思いまして、昼ごろに出かけたのですわ。

はじめての駅、はじめての街。どんな食べ物屋があるのやら。ちょっと気のきいた洋食屋さんがあるといいなぁ。

駅はけっこうでかいのだけど、駅前以外はほとんどはやっていない感じがする用賀。これは、駅から離れると食べ物やなんてないぞ、きっと。などとちょっとした危険を感じつつ、かといって駅ビル内の飲食店にはなんとな~く入りたくないこの気持ち、わかるでしょうか? けっきょくは駅ビルまで戻ってこないとなにも食べられないかもという不安を抱えつつも、だけど未知への冒険(おおげさ)へと旅立つことにしたのですわ。

幸い、もうここから先は本当に店なんかないに違いないだろうというぎりぎりの判断をするあたりでイタリアン・カラーを掲げたレストランを見つけました。「グリル&イタリアン ウエスタ」という店。ホリデーランチもやってて、ちゃんとセコンド(メイン料理)もある。ピッツァやパスタもおいしいのだけど、せっかく外で食べるならきちんとメインを食べたい自分なので、ここに入りましたわ。

子羊のソテー・マスタードソース、地鶏のグリル・バルサミコソース。どっちもおいしかったっすよ。量もけっこう多いし。サラダとミネストローネもついて1700円だから、値段的にもお手ごろ。味付けも優しい感じで、といっても高級店のような洗練された上品なやさしさじゃなくて、家庭料理的なやさしさで、なかなかいい感じです。パンが、ふつうにスーパーで買ってきただろって感じのバゲットを切ったもので、しかも温められてもいない、イタリアンなのにオリーブオイルじゃなくてマーガリン、しかも飛行機の機内食で出てくるようなパック入り、というのはちょっとどうかなという気もしますが、ま、庶民的な店ということで。あと、テーブルクロスはもっとこまめに変えようね。トマトソースのしみがぽつぽつついてるんですけど。クリーム色のクロスだから、よけい目立っちゃう。頻繁に換えないなら、赤とか緑とかにしておけばいいのに。あるいはランチョンマットを敷くとかさ。

ワインをデカンタで頼みましたさ。赤ワイン。若いカメリエーレに、常温と冷やしたものがありますが、どちらにしますかときかれたので、常温でとお願いしたのだけど、きりっと冷えたデカンタを持ってきてくれました(笑)。ま、それはそれでいいでしょうということで、とくになにもいわずに飲みましたよ。冷えててもけっこうおいしかったし。でも、やっぱもっとあたたかい(常温に近い)温度で飲みたいなぁと、グラスに注いだワインを手のひらで温めてたのね。どうやらそれをホールのマネジャー?に見られていたらしく、マネジャー?さんがさっき注文をとりにきた若いカメリエーレになにか耳打ち。そしたらすぐにカメリエーレがテーブルまでやってきて、すみません、間違って冷やしたのを持ってきてしまいました、とさ。

すげぇぞ、マネジャー?さん。よく見てるな。ていうか、ちゃんと誰かが見てるかなと思いながらグラスを温めてみたので、あなたは合格です。それをすぐにカメリエーレに伝えたのも立派だし、すぐに謝罪に来たカメリエーレもいい感じでした。うん、適度にフレンドリーでいい感じの店だな。ルッカで入ったオステリアをちょっと思い出したぞ。

でもね、オーダーは間違えないようにしようね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年10月3日 - 2004年10月9日 | トップページ | 2004年10月24日 - 2004年10月30日 »