« 年末年始の | トップページ | ITALIAN MUSIC FAVORITESが »

2004/11/25

豚肉とザワークラウト

昨日の夜は時間がなかったので、ひさしぶりに豚肉とザワークラウトの煮込みをつくりました。たまたま豚肩肉のブロックが安く売ってたしね。

ブロック肉を大きくぶつ切りにして、塩コショウふって表面に軽く焼き色がつくくらいまでソテー(うちではあぶらは安いエクストラ・ヴァージン・オリーブオイル)。あとは、肉とザワークラウトをひたひたくらいの水(うちではプラス安い白ワイン)で煮るだけ。ザワークラウトの酢のためか、30分くらいの煮込みでも数時間煮込んだかのように肉がやわらか~くなるのよん。なので、火にかけて、シャワーを浴びて出てきたらもうできあがり。昨日はたまたまジャガイモとにんじんが家にあったので、これらも適度なサイズに切って一緒に煮込んどきました。ついでに、手近にあったスパイス(フェンネル、コリアンダーシード、クローブ)もちょっと入れておいたので、いっそう風味豊かな感じ。

いやぁ、あいかわらず美味しいわぁ。肉の脂身も脂っこさがすっかり落ちて、甘い味わいとやわらかな歯ざわりになってる。ほのかに酸味の残るザワークラウトと一緒にいただくと、これまたけっこう。メインとなる肉とガルニが一緒に調理できてしまうのもこの料理のうれしいところ。

もちろん、ワインはドイツ・ラインガウ地方の白ワイン、シュタインベルガー・リースリング(クロスター・エーベルバッハ)。調理を始める前に冷蔵庫に入れてよ~く冷やしておいた。ドイツのリースリングらしい上品な甘みとすっきりとしたあと味が、ドイツ風なこの料理にめっちゃうまでしたわ。

半分残しておいたので、今日の夜も食べよう。ワインは……今日はブルゴーニュかトスカーナの赤ワインにしてみようかしらん。

|

« 年末年始の | トップページ | ITALIAN MUSIC FAVORITESが »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おいしそう、作ってみます。赤ワインしか無いんだけど、やはり白を買ってくるべきでしょうか? あっ、スパイスも無いや。料理苦手なので、煮込むだけっていうのが魅力的です。

投稿: hello nico | 2004/12/01 01:13

ワインとかスパイスとかは、なければ入れなくてもいいと思います。たんなる風味付けだから。ザワークラウトと肉だけでもかなり美味しい。塩胡椒はお好みでね。食べるときに食卓でかけてもいいし。
うちはインチキ西洋人なので調味のしかたもインチキ西洋ふうですが、たとえばワインの代わりに日本酒でも美味しいでしょう。意外と焼酎とか入れるのも辛口に仕上がってうまいかも。それに、醤油で味付けもいけるでしょう。実際ドイツでは「絶対醤油で煮ただろ?」って味付けのザワークラウトも食べましたが、美味しかった。五香粉とかまぶしたら中華風だな。中華風にするなら最後にごま油の風味を足すか。
あと、肉も、スペアリブとか使うとまたいい感じです。あ、チキンも美味しそうな気がする。今度手羽もとかなにかでやってみよう。

投稿: もあ | 2004/12/01 09:44

ザワークラウトって市販されてるものですか?
一度だけドイツ風レストランで食べたことがありますが、酢漬けキャベツというよりは、あっさりとマイルドな酸味でした。あれが本場の味だったのでしょうか。すっぱいモノ好きとしては、もうちょっとすっぱくても良かったのですが…。
冬は鍋物のおいしい季節です♪ 何でも手羽先スープ系料理にして食べてやる…。

投稿: あんき〜お | 2004/12/01 23:02

ザワークラウトは家庭の味らしく、お店ごとにずいぶん味が違いましたよ、ドイツでも日本でも。酢の強いお店もあれば、ドイツなのになぜかしょうゆ味ふうで茶色いお店もあれば、ほんのりあま~いお店もあったりして。

うちでは市販のザワークラウトをときどき買いますが、これもメーカーや産出国によってずいぶん味わいとか歯ざわりとかが違います。
以前は近所の丸正(どちらかというと安売り系食品スーパー)でイタリアから輸入されている瓶詰めものをよく買っていて、これが酢の強さも硬さもなかなかのお気に入りだったんですが、うちの近所に丸正でザワークラウトなんて買う人がほとんどいないらしく、扱いをやめちゃいました。そういえば、スペイン産のグリーン・オリーブもなくなっちゃったなぁ。
そんなもんで最近はピーコック(どちらかというとちょっとだけ高級系食品スーパー)ででっかい瓶詰めのドイツ産ザワークラウトを買ってます。これは酢がちょっと弱めで、白ワインのお供にこれだけむしゃむしゃ食べるにはいい塩梅です。硬さもほどよく、料理にも使いやすい。
でも、肉との煮込みには、ピーコックで以前売っていたアメリカ産の缶詰がよかったんだよなぁ。酢もドイツ産より強くて、キャベツも硬いので、煮込みにぴったり。だけどやっぱりうちの近所にそんなものを買う人なんてほとんどいないのか、いまでは売ってません。
ドイツ産のザワークラウトが店頭から消える日も近いか(涙)。これと、アーティチョークの缶詰は、なくさないでほしい……。

投稿: もあ | 2004/12/02 09:37

缶詰でしたか。西友にはなさそうですね。(^_^;) 今度輸入食品の取り扱いが多いスーパーで観てみたいと思います。

投稿: あんき〜お | 2004/12/03 20:02

こちらで教えていただいた、豚肉とザワークラウトの煮込みを作りました。

実は、前回作った時はザワークラウトを入れすぎ、酸っぱくて食べるのが大変でしたが、今回は結構おいしく出来上がりました(実物を食べた事がないからこれでいいのか分からないのですが)。
ザワークラウトの酸っぱさを豚肉がやわらげたようで、そして豚肉を食べた後ザワークラウトを食べて口の中がさっぱりすると感じでした。
おかげで料理の幅が広がりました、ありがとうございます。
ちなみに私はイトーヨーカドーでザワークラウトの瓶詰めを買いました。

投稿: hello nico | 2005/02/25 00:40

あれ、簡単でいいでしょ。そこにやわらかな甘みとすっきりした酸味を持ったドイツワインがあれば最高。
これっていわば、ドイツ版肉じゃがみたいなもんですから、思いつきでいろいろな野菜を加えてもいいと思いますよ。

投稿: もあ | 2005/02/25 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/2060436

この記事へのトラックバック一覧です: 豚肉とザワークラウト:

« 年末年始の | トップページ | ITALIAN MUSIC FAVORITESが »