« 2004年ドイツ旅行(3) | トップページ | 2004年ドイツ旅行(5) »

2004/11/01

2004年ドイツ旅行(4)

2004/10/19(火) 曇り

8時起床。シャワーを浴びてから朝食へ。メニューは変わらないけど、あいかわらず美味しい。

10時過ぎ、ホテルを出発。大聖堂前の広場で行なわれている朝市を見物。野菜や肉類、チーズ、なぜかイタリア風の総菜、そして花などの屋台が広場一杯に展開され、見ているだけで楽しい。卵屋さんの屋台には、丸々と太った大きな鶏が看板鳥としてとまっていた。生きててびっくり。

朝市を見たあと、ライン川近くのインフォメーションで街の地図を手にいれる。川沿いの遊園地はやっていなかった。やっぱり土日だけオープンなのかなぁ。

お店がきちんと開いているマインツの街を見るのは、じつは今日がはじめて。本屋などをひやかして寒さを避けながら、ぶらぶらと散策。

昼は中心街からちょっと離れたレストラン「Speisegaststatte - Zum Salvator -」へ。大きな魚まるごと1匹を唐揚げ状にしたものをアーモンドとバターのソースで食べる料理(あちこちのお店で出しているようなので、郷土料理のひとつなのだろう。Forelle "Mollerin"とレシートに書いてある)、メニューに「ジャーマンフード」と書かれていたネック・ステーキ(Nackensteak。牛の首肉のステーキ?)、ラインヘッセンのシルヴァーナー(白ワイン)と、葡萄品種を忘れてしまったが同じくラインヘッセンのロゼ(どちらも2.50ユーロ程度)、食後に珈琲2杯で、全部で28ユーロ程。やはり中心街から離れると少し安い。でも量はたっぷりだし、味もよくて、満足度は高い。

食後、ザンクト・シュテファン教会へ。マルク・シャガールによる青いステンドグラスが有名なのだそうだ。じっさい、シャガール・ブルー(っていうんでしたっけ?)のステンドグラスは独特の趣があり、かなり美しい。

ちなみに聖シュテファン(聖ステファノ)は、キリスト教最初の殉教者(らしい)。キリストの死語、数々の迫害のなかでキリスト教をひろめた信者たちのひとりで、キリスト教を嫌ったユダヤ教徒に石で殴り殺されている。その際に「神よ、彼らにこの罪を負わせないでください。彼らはなにをしているのかわかっていないのですから」とかいったことをいって死んだ。それを見ていたキリスト教迫害者のトップ?であるサウロがショックを受け、のちにパウロと改名して、世界中にキリスト教を広める第一人者になったのだそうだ。キリスト教をもっとも迫害していたサウロが、もっとも熱心なキリスト教徒に改心するきっかけになった聖人がステファノで、この教会はその聖人から名前を取ったようだ。壁にステファノの殉教シーンの壁画があった。

教会を出たあと、これまであまり歩いたことのない道を中心に街を散策。街のはずれの広場に昇ったり、途中のスーパーを冷やかしたり。

その後、ホルツ塔という塔へ。物珍しげに塔を眺めていたら、どこからか現われたおっちゃんが塔の入り口へと階段を昇っていく途中で、自分らに手招き。そのおっちゃんは塔のなかで仕事をしているらしく、塔の入り口のカギを開け、塔の中へ入れてくれた。おっちゃんいわく、ふだんは中へ入れないのだけど、特別だそうだ。ラッキー。

125段の螺旋階段を昇って、塔の最上階へ。ここからはマインツの街が見渡せる。塔は800年くらい前にできたのだそうで、もともとはマインツの街が城壁で囲まれていたときに見張り台として使われていたようだ。ホルツというのはドイツ語で「木」という意味で、この「木の塔」以外にも「鉄の塔」と「魚の塔」などもあるのだそうだ。おっちゃんがいろいろ親切に説明してくれた。一般の観光客はなかなか入れないところに入れていい感じ。16年ほど前にドイツにきたときもいい思い出だらけなのだが、今回もいい思い出が多く、ますますドイツが好きになる。

ライン川沿いで少しときを過ごしたのち、キルシュガルテンのワインハウス「Zum Spiegel」で夕食。英語メニューがなく、ホールスタッフ2人のうちおっちゃんのほうしか英語を話さないという、ちょっと大変な状況の店だったが、ハムの盛り合わせとチーズの盛り合わせ(どちらも6.75ユーロ)、それにラインヘッセンのリースリングワイン(1杯2.45ユーロ)を注文して、楽しいディナータイムを過ごした。完全に飲み屋で、客は多分みんなドイツ人。ワインはグラスで1杯200ccなのだが、あきらかに200cc以上、たっぷり注いでくれる。パンも充分つき、すっかりお腹一杯。ワインはけっきょく妻と2杯ずつ、合計で4杯頼んだが、お勘定は全部で24ユーロ弱。支払いにはカードが使えず現金だけというのも、いかにも地元の人が使う飲み屋という感じでいい。滞在中にもう一度くらい行ってしまうかも。

ほろ酔い気分でホテルへ戻る。明日は映画『薔薇の名前』の撮影にも使われたというエーベルバッハ修道院へ行く予定だが、今朝の天気予報によるとあまり天気がよくなさそうなのが心配。

|

« 2004年ドイツ旅行(3) | トップページ | 2004年ドイツ旅行(5) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/1828407

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年ドイツ旅行(4):

« 2004年ドイツ旅行(3) | トップページ | 2004年ドイツ旅行(5) »