« コンビニのサンドイッチ | トップページ | 映画『16歳の合衆国』(ちょっとネタばれ) »

2004/08/20

トレンティーノ・アルト・アディジェの赤ワイン

ラグレイン・ドゥンケルという赤ワインを飲みました。ラグレインというのは葡萄の名前だそうです。ラグレインで造られたワインを飲むのははじめてだし、そもそもトレンティーノ・アルト・アディジェ州のワイン自体、飲むのがはじめてかも。造り手はサンタ・マグダレーナ。ヴィンテージは1997年。

ちょっとカベルネ・ソーヴィニヨンにも似た、鉄のような、酸っぱいような、かたいような香りと、ちょっとこげた香りがします。口に含んだ瞬間は甘い果実の味が広がり、そのあとから強い酸味が追いかけてきて、最後にタンニンが穏やかに味を占めます。そして飲み干したあとにはほのかにバニラのような香りと味わいが口に残ってる。

なんだか、おいしいです。7年経ってるからなのか、酸は強いけど口当たりは丸いし。1400円弱でこの味わいならパフォーマンスが高いな。

イタリアの北のほう、とくにドイツやスロヴェニアに近いフリウリ・ヴェネツィア・ジゥリア州やトレンティーノ・アルト・アディジェ州は、どちらかというと白ワインのほうが有名ですが、じつは地元品種を使った赤ワインもなかなか味わい深いものが多い気がします。スキオッペッティーノとかレフォスコとかもたしか、このあたりの地元品種ですよね。これらの葡萄で造られたワインって、日本ではあまり見かけないのだけど、見かけるとつい買ってしまいます。そして、たいていは自分の好きな味わい、満足するワインになってます。今後はラグレインという葡萄も要チェック品種にしておこうと思います。

|

« コンビニのサンドイッチ | トップページ | 映画『16歳の合衆国』(ちょっとネタばれ) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/1233512

この記事へのトラックバック一覧です: トレンティーノ・アルト・アディジェの赤ワイン:

« コンビニのサンドイッチ | トップページ | 映画『16歳の合衆国』(ちょっとネタばれ) »