« ラタトゥイユとお米のサラダ | トップページ | Umberto Balsamoが入荷 »

2004/07/22

魔璃鴉 / MARIA

1970年代中ごろに活動していたらしい、日本のプログレッシヴ・ロック・グループです。MARIAというグループ名は、イギリスのイエスをJesusだと勘違いした(本当はYes)らしい当時のメンバーが、イエスよりも偉大なグループになろうと、イエス(Jesus)を生んだ母マリアをグループ名にしたらしいというおバカな逸話がライナーノーツに書いてあります。脱力です。

録音はスタジオを使ってされていますが、マスターテープが紛失しているとかで、カセットテープからのCD化になっています。そのため、録音状態はあまり(かなり)よくありません。音の抜けとかすごく悪い。でも、演奏自体は迫力があり、とくにドラムはかなりすごいです。福島正彦という人なんですが、その後も音楽界に残ったのだろうか。アマチュア・バンドで終わらせてしまうにはもったいない。

迫力のドラムと、うなるベースの、リズム・セクションがしっかりしているので、演奏がすごく安定しています。キーボードもまずまず。ギターは、ちょっとバッキングのアイデアが乏しいかな。1970年代中ごろだと、このくらいでしかたないかなとも思えますが。

初期のYesやGenesis(ジェネシス)、Pink Floyd(ピンク・フロイド)などからの影響がうかがえるアレンジと演奏。ときにCosmos Factory(コスモス・ファクトリー)を思い出させるところもあり、あの時代のジャパニーズ・プログレッシヴらしいなという感じです。ヴォーカルに、ロック・ヴォーカリストとしての魅力が弱いという点でもジャパニーズ・プログレぽいです。布施明とか尾崎紀世彦とかカルメン・マキくらいの歌唱力があればなぁ。

そして、歌メロの魅力のなさは致命的な感じです。せっかく演奏面ではブリティッシュな、ユーロピアンな重厚さを発揮しているのに、歌メロが出来の悪い歌謡曲。もう少しなんとかならなかったんだろうか。メロディ・メーカーとしてはいまいちですね。改めてカルメン・マキ&オズの偉大さを感じてしまいました。

などという弱い点も多々ありますが、イギリスから渡ってきたプログレッシヴ・ロックに心奪われ、自分たちで日本のプログレッシヴ・ロックをつくろうとした当時の若いミュージシャンたちの熱い気持ちは存分に伝わってきます。こうしたグループたちの音楽が、のちのNovela(ノヴェラ)などといったグループにつながり、そこからさらにX Japan(エックス・ジャパン)やMalice Mizer(マリス・ミゼル)などにつながっていったんだよなぁなどということを考えると、なかなか感慨深いものがありますね。

|

« ラタトゥイユとお米のサラダ | トップページ | Umberto Balsamoが入荷 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

本当はこちらにコメントしにやって来たのです。魔璃鴉を検索するともあさんの所に行き当たります。
>歌メロが出来の悪い歌謡曲
そうですね。1曲しか聴いてませんが、アルバムを必死こいて探すほどでは無いなと思いました。

投稿: hello nico | 2007/07/10 13:01

長いこと聴いてないので、どんなだったか、いまはぜんぜん思い出せません。
日本のプログレって全体に、メロディも含めてヴォーカルが弱いことが多いのが残念です。最近はそうでもないのかな。

投稿: もあ | 2007/07/11 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/1023996

この記事へのトラックバック一覧です: 魔璃鴉 / MARIA:

« ラタトゥイユとお米のサラダ | トップページ | Umberto Balsamoが入荷 »