« ビッグマック200円 | トップページ | BARCLAY JAMES HARVEST / OCTOBERON »

2004/06/10

I CALIFFI / FIORE DI METALLO

なんか、あんまり話題にならないグループですよね、I Califfi(イ・カリッフィ)。まぁ、アルバムを聴くと、話題にならなくてもしかたないかなという感じもするんですが。とくに日本では(本国イタリアでも?)、プログレッシヴ・ロックのジャンルで扱われるグループですが、プログレっぽさが希薄というか、けっこう普通のロック。だから、バリバリのプログレッシヴ・ファンにはウケが悪そうです。

曲によっては大幅なパイプ・オルガンの導入とかもあるんですよ。でも、そのパイプ・オルガンが、あんまり壮大には響かない。Jacula(ヤクラ)ほど爆発しなくてもいいけど、せっかくのパイプ・オルガンですからね、Hunka Munka(フンカ・ムンカ)くらいには壮大さを出してほしい。それと、パイプ・オルガンでの細かなコード・ストロークってのは、ちょっと無理があるんじゃないってパートもあります。

でも、彼らの基本って、おそらくポップス・グループなんでしょうね。いや、ロック・グループなのかな。そのへんのスタンスの曖昧さが、もうひとつ人気があがりにくい要因かもしれません。La Bottega dell'arte(ボッテガ・デッラルテ)とかのようなプログレ風味のポップス・グループぽさを出しながらも、ヴォーカルはあまり感情が乗らないような処理をしてるのも不思議。

聴いてて思ったんですが、このアルバムの印象って、初期のアート・ロックと呼ばれていたころのDeep Purple(ディープ・パープル)に近いところがあるんではないかなと。思わず「Hushかよ!?」って思ってしまう曲もあるし。ポップスあり、ロックあり、プログレ風ありと、けっこうとっちらかった曲調にもかかわらず、それでもあまりばらばらな印象にならないのは、ヴォーカルに意外と求心力があるからなのかなぁ。

イタリア好きの自分としては、けっこう楽しんで聴けるアルバムでしたが、イタリア初心者やプログレ初心者にはあまりおすすめしません。ほかにもっといいアルバムがたくさんあるはずだから、まずはそっちを聴いてからね。イタリアのさまざまなポップ・ミュージックになじんだあとに聴けば、こういうアルバムも「愛らしくて素敵」と思えるようになるはずです。

|

« ビッグマック200円 | トップページ | BARCLAY JAMES HARVEST / OCTOBERON »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/743282

この記事へのトラックバック一覧です: I CALIFFI / FIORE DI METALLO:

« ビッグマック200円 | トップページ | BARCLAY JAMES HARVEST / OCTOBERON »