« Cajo = Rosso dell'Umbria 2000 | トップページ | 真珠の耳飾りの少女 »

2004/05/21

Aphrodite's Child "Reflection"

Aphrodite's Child(アフロディテス・チャイルド)といえば、プログレッシャー(とニフティのプログレ隔離室では呼んでいたような)にはグリーク・ロックの傑作『666』なんですけど、今朝電車のなかで聴いてたのは『666』以前の、ユーロ・ポップなころの彼らのベスト盤。

ていうか、プログレ者以外の人には、ユーロ・ポップな彼らのほうがなじみがあるらしいですね。とくに自分らより上の世代の、現在40代なかばくらいな方たちにとっては。「Rain and Tears(雨と涙)」とか、日本でもヒットしたらしい。

このベスト盤(LP!をMDに録音しました)を聴くの、ひさしぶりなんですが、あらためて聴くと、なんだかいいです。「Spring, Summer, Winter & Fall」とか、名曲です。ユーロ・ポップスらしい、美しいメロディとなめらかで奥行きのあるアレンジが楽しめます。のちにグリーク・ポップの、というかユーロ・ポップのスターになった(らしい)デミス・ルソスのあたたかいヴォーカル(ふるえたような歌声が素敵)もじんときます。ヴァンゲリスのキーボードは……まぁ、こんなもんでしょう。

どれもメロディや展開が素直だよなぁ、このころの曲って。こういう曲って、誰かが仕掛ければリバイバルヒットになりそうに思うんですけど、どうでしょ?

|

« Cajo = Rosso dell'Umbria 2000 | トップページ | 真珠の耳飾りの少女 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/628502

この記事へのトラックバック一覧です: Aphrodite's Child "Reflection":

« Cajo = Rosso dell'Umbria 2000 | トップページ | 真珠の耳飾りの少女 »