2022/05/22

Spectrum / Spectrum 6; SPECTRUM FINAL Budoukan Live Sept. 22,1981 (1981)

日本のブラス・ロック・バンド、スペクトラムのライヴ・アルバム。「FINAL」の名称どおり、解散前の最後のライヴを収録。
当時はショーアップされたロック・ミュージックが日本ではまだ一般的ではなかったこともあり、演奏時の派手なコスチュームから色物扱いされていた。ヴォーカルにファルセットを使うのも異色で、当時の普通の音楽ファンからはかなり馬鹿にされていたというか、嫌われていたような記憶が残っているけれど、音楽そのものは非常にかっこいいと思う。40年も前のものですが、いま聴いても新鮮で、古くささをまったく感じない。活動時期が1979年~1981年と短かったのは、日本に登場するのが早すぎたからという理由もありそう。

| | コメント (0)

RockFour / One Fantastic Day (2001)

イスラエルのグループ。初期のころのプログレッシヴ・ロックやサイケデリック・ロックのような感じの音楽。ポップ・ロック的な雰囲気もあって、なかなかよい。

| | コメント (0)

Mystery / Caught in the Whirlwind of Time (2020)

カナダのプログレッシヴ・ロック・グループが2020年にリリースしたライヴ盤。
Mysteryの曲はプログレッシヴ・ロックだけれどハード・ロック寄りでメロディがキャッチー、そのうえほどよくシンフォニックな味付けがされているところが良い。

| | コメント (0)

Mustafa Khetty & Morpheus Project / Mozaick (2021)

スリランカのグループらしい。
これまでいろいろな国のプログレッシヴ・ロックを聴いてきたけど、スリランカのアーティストは初めてかもしれない。
ほどよくシンフォニックかつ力強いプログレッシヴ・ロックにけっこう熱いヴォーカルが乗って、なかなかよろし。

| | コメント (0)

Loredana Errore / Luce infinita (2016)

2016年にリリースされたサード・アルバム。
イタリア人シンガーだけど、生まれはルーマニアらしい。
美しいメロディとハスキーヴォイスの組み合わせが良い。

| | コメント (0)

«Martin Circus / Anthologie (2004)