2021/03/22

江戸川乱歩 『悪魔の紋章』

猟奇的な趣はなかなか良いのだけど、、、、
ちょっとネタバレっぽい記述をするので、ここでいったん、広告を挟みます。
「ネタバレ困る」という方は、ここから先は読まないほうがいいかも。



江戸川乱歩で探偵ものといえば、活躍するのは名探偵・明智小五郎ですが、本作では明智探偵に勝るとも劣らない推理力でこれまでに数々の難事件を解決し警察からの信頼もあつい法医学の権威で民間探偵の宗像隆一郎博士が、猟奇的な事件を解決すべく奔走します。

発生する事件や、犯人の動機、それに死体の扱い方とかは、なかなかにエグくて良いです。
ただ、探偵小説としては、なんというか、禁じ手ではないかしら。映画『ソウ(SAW)』 の1作目的というか。

「すべての不可能を消去して、最後に残ったものがいかに奇妙なことであっても、それが真実となる」というのはシャーロック・ホームズのセリフだったかと思いますが、この作品でも、発生する事件のそれぞれにおいて「不可能」ぽいことを消去していくと、あぁ、この人が犯人かなぁというのが途中でなんとなくわかります。

そのこと自体は、読者が探偵の気持ちになって物語を楽しむうえで悪いことではないのですが、その結果、残ったもの=犯人がこの人なのかってところで「それは反則じゃね?」という気持ちになり、いや、まだひとひねり、ふたひねりがあるのではないかと期待して最後まで読んだら、やっぱりそれが真実だったときの「やっぱり反則じゃね??」感が強いです。

ていうか、最後にちょろっと出てきた明智探偵がおいしいところ全部もってっちゃった、という話でした。

| | コメント (0)

2021/03/20

Zoran / Opera Universe (2019)

オーストラリアのグループらしい。
オペラティックなヴォーカルのドラマティック・メタルぽい曲なんだけど、ヴォーカリストの音程が不安定で、聴いていて不安な感じになったり、笑えてきたりする。
率直に言って、このヴォーカリストは少し音痴だと思う。
曲調自体は嫌いなタイプではないのだけど、ヴォーカルの音程が微妙すぎて、けっこうきつい。
もっとうまいヴォーカリストで聴きたかった。




Amazonで検索


| | コメント (0)

2021/03/18

米津玄師 / STRAY SHEEP (2020)

ベストセラーとなったアルバム。
収録されている曲は、それぞれ単曲で聴くと良いのだけど、アルバムを通して聴いているとなんだか飽きてきてしまうのは、声の個性が強いのと、それぞれの曲がもつメロディ(フレーズ)が意外とどれも似かよっているからな。
アルバムとしての流れも、特に「曲がこの並びである必要」のようなものが自分には感じられず、シャッフルして聴いてもあまり印象が変わらないような気がする。
なんとなくベスト盤っぽい、と感じた。



| | コメント (0)

2021/02/04

適当レシピ:鱈と挽肉と厚揚げのココナッツミルク煮(写真なし)

思いつきで適当につくったら、思ったよりおいしかったので、忘れないうちにレシピを記録しておきます。

材料:
合い挽き肉
皮なしの鱈の切り身
厚揚げ
ココナッツオイル
ココナッツミルクパウダー

胡椒
乾燥パクチー

挽き肉、鱈、厚揚げは、だいたい同じくらいの分量。

1)
厚揚げを一口大に切る。

2)
鱈の切り身を厚揚げと同じくらいの大きさにぶつ切りにする。

3)
ココナッツオイルを適当に(大さじ1くらい?)入れたフライパンに挽き肉を入れ、中火で炒めてそぼろっぽくする。

4)
カットした厚揚げを加え、肉汁とココナッツオイルを厚揚げに吸わせるつもりで軽く炒める。

5)
カットした鱈を加え、塩、胡椒を適当(ひとつまみかふたつまみぐらい?)に振りかけて、全体に味を行き渡らせるつもりでく炒める。

6)
鱈にうっすら火が入ったら、ひたひたくらいに水を加え、水が白く色づくくらいココナッツミルクパウダーを投入し、中火で煮る。
ココナッツミルクがあるなら、ココナッツミルクそのものを入れたほうがいいと思う。

7)
ココナッツミルクが煮詰まって水分がなくなってきたら乾燥パクチーを適当に入れ、よく混ぜて全体に風味をつける。

8)
味見をして、必要であれば塩・胡椒で味を調えてできあがり。


魚と肉の味が入り交じったエスニック風味の不思議な料理になりましたが、おいしかったわ。

| | コメント (0)

2021/01/11

Amarone della Valpolicella Classico 1997 / Bolla

20年くらい前に買ったAmarone。このころはまだDOCだったんだな。
これまでにいろいろなメーカーのAmaroneを飲んだけど、Bollaのは初めてです。
20年以上前のヴィンテージにもかかわらず、香り、酸味もしっかりしていて力強さもあり、Amaroneらしい甘い果実味の向こうにタンニンも感じられ、とてもおいしい。
やっぱりオールドヴィンテージのAmaroneはおいしいなぁ。

1086bollaamarone2

| | コメント (0)

«上村五十鈴 『星の案内人』