2024/01/08

『DEP:重大事故捜査班』(2019~2023 / カナダ)

原題:Departure (TV series)
出演:Archie Panjabi、Kris Holden-Ried、他

カナダの連続テレビドラマで、いまのところ「航空機編」(シーズン1)、「高速列車編」(シーズン2)、「旅客船編」(シーズン3)までつくられている。各シーズンとも1話45分×6話構成で、長すぎないところが好ましい。ただ、ストーリー的にはシーズンを追うごとにつまらなくなってしまった。シーズン1では墜落の原因が事故か自殺かテロかと錯綜し、その理由も個人的なもの、ビジネス的なもの、国家的なものとストーリーが進むにつれて変化していき、最後にそう来たかという点で、単なるディザスターものプラスαのおもしろみがあったのだけど、シーズン2以降は最初から事故の原因の陰謀臭さが強すぎるし、生存者数もどんどん増えていくし、いろいろとスケールダウンしていった印象。シーズン4は厳しいだろうな。


image
DEP:重大事故捜査班(アクションチャンネル)
Departure (TV series) (Wikipedia)

| | コメント (0)

2023/12/03

『死刑にいたる病』(2022 / 日本)

監督:白石和彌
出演:阿部サダヲ、岡田健史、他

日本のサイコなシリアルキラーものって、動機や殺害方法や遺体の処理のしかたなどがどこかマンガチックというか、見せ方に「ほらほら、いかにもサイコっぽいでしょ」といった感じがあるものが多く、アメリカの『Criminal Minds』に登場するシリアルキラーなどとは比べものにならないほど計画や犯行が稚拙というか幼稚な印象で、不気味さとか得体の知れなさとかがあまり感じられないことが多いのだけど、この作品はなかなかの具合の悪さで、個人的にかなりおもしろかった。阿部サダヲにこういう役をやらせると本当にうまい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死刑にいたる病 [ 白石和彌 ]
価格:2,640円(税込、送料無料) (2023/12/3時点)



Amazonで検索

| | コメント (0)

2023/08/13

『セイント・モード/狂信』(2019年・イギリス)

原題:Saint Maud
監督:Rose Glass
出演:Morfydd Clark、Jennifer Ehle 他

オカルト・ホラーぽいタイトルや雰囲気だけど、日本語タイトルに副題風につけられている「狂信」が思いっきりネタバレ。なにかに対して強く思いすぎること、その思いにとらわれることが、いちばん恐ろしい。

「恐ろしいのは…信仰だ。いっさいの異端を認めない心。これは邪悪なものだ!これはうそで実在しないものだと狂信している精神は恐ろしい」

萩尾望都『ポーの一族』



Amazonで検索

| | コメント (0)

『護られなかった者たちへ』(2021年・日本)

監督:瀬々敬久
出演:佐藤健、阿部寛、清原果耶 他

なんか、悲しい話だった。加害者も被害者もその他の登場人物も本当に悪い人なのではなくて(たぶん、悪人は千原せいじが演じたおっさんだけ)、さまざまな事情や状況が重なった結果としてああいう行動を選んでしまっただけ。その選択が間違いだったと、当事者からは遠い安全な位置にいる人があとから言うのは簡単だけど、実際に自分がその渦中にいたならば絶対に選択を間違わないでいられるかどうかはわからない。
謎解きものとしては、真犯人は途中でわかってしまったけれど、最後の黄色いパーカには思いが至らなかった。そうか。
役者陣も、阿部寛さんはまぁいつもの阿部寛さんでしたが阿部寛さんならではの味わいがあり、キーパーソンである佐藤健さん、清原果耶さんは安定して芝居が上手だし、深い包容力を感じさせる倍賞美津子さんもさすがだった。そして永山瑛太さんはもう、こういう複雑な心境を持つ登場人物を演じるのが本当にうまい。
基本的にはつらく悲しい話だけど、良い作品だったと思います。




Amazonで検索

| | コメント (0)

2023/08/06

『夢のあとさき』最近の更新

須川邦彦 『無人島に生きる十六人』
樹園伊緒 『ポンコツ編集者の本づくり日記 Ⅱ: 本を「読者」に届けたい、だけどそこには険しい道がある』
エクトール・マロ 『家なき子』


ポンコツ編集者の本づくり日記 Ⅱ

| | コメント (0)

«「every little music in my life」最近の更新